うつや不眠に話題の漢方「クワンソウ」とは?効能や副作用まとめ

クワンソウは、日本では九州南部から沖縄に自生している中国原産のユリ科ワスレナグサ属に属する多年草です。
鮮やかなオレンジ色のユリに似た花を咲かせます。

クワンソウ

沖縄ではクワンソウを食べるとよく眠れるという伝承が古くからあり、眠り草とも呼ばれ、庭先や畑などに栽培され食用として食べられてきました。

クワンソウは睡眠誘発効果をもつとされるオキシピナタニンが含むことから、不眠などの睡眠の悩みに効果があるとされているのです。

クワンソウハーブティはこちら→クワンソウ茶

Sponsored Link

クワンソウの眠気、鎮静などの効果・効能

クワンソウの眠気、鎮静などの効果・効能

夜中に何度も目が覚めてしまったり、眠りが浅いと身体の疲労が取れないためストレスも溜まり、イライラしてしまうものです。

クワンソウの深い眠りに導いてくれる睡眠導入効果は、短時間で目が覚めてしまう早期覚醒、途切れ途切れに目が覚める中途覚醒を防いでくれるのです。
クワンソウには、睡眠を誘発する効果と自律神経を正常に保ち、精神を鎮静してリラックスさせる効果もあるとされています。

クワンソウの効果が出る期間は、クワンソウの有効成分であるオキシピナタニンをマウスに与えた実験では、約6時間の間、運動量が6割程度に落ちたとされています。
また、クワンソウの粉末を飲ませたマウスは、通常のマウスの1.5倍の熟眠時間になったといわれます。

小動物の意識レベルが下がることは大変珍しく、これらの実験からオキシピナタニンには鎮静効果と自然な眠りを誘発する効果があるとされているのです。

クワンソウが効く仕組み!安眠に導いてくれる有効成分

クワンソウが効く仕組み

クワンソウに含まれる有効成分のオキシピナタニンは、末梢血管の拡張させることで血行を促し、体の熱が放出されやすくします。
体内の温度が下げて、体を眠りにはいる状態にすることで自然な眠りに導いてくれるのです。

クワンソウは、余すこと無く全てが食べられる野菜です。
葉と茎は寝付きを良くする効果があるとされ、花びらには血中のコレステロールを下げるβシトステロール、脳の神経の機能を高めるヒドロキシグルタミン酸。
根には疲労回復や新陳代謝を高めるアスパラギン酸や、疲れを癒やすリジンも含まれています。

クワンソウには疲れを癒やし、安眠に導いてくれる有効成分がたっぷり含まれているのです。

そして、古来から子供の夜泣きにも使われたとされるクワンソウは、ほとんど副作用はないとされています。しかし、カフェインやアルコールなどと一緒に摂るのは避けたほうが良いでしょう。せっかくの鎮静作用が、うまく働かなくなってしまうのです。

まとめ

効き方も優しいクワンソウなら、安心に利用

クワンソウは加熱してそのまま食べたり、お茶で飲んでも効果を得ることができますが、日常的に摂取するなら、手軽に摂れるサプリが便利です。

眠れない不眠は深刻な悩み、しかし睡眠薬などの薬品は副作用や依存しすぎてしまう心配もあるのです。
自然由来成分で副作用もほとんどない、効き方も優しいクワンソウなら、安心に利用することができます。

様々なタイプがあり、グリシンやギャバ、アルギニンなど独自の有効成分がプラスされているので、期待する効果に合わせて選ぶことができるのです。

amazon一番人気のクワンソウサプリはこちら。

Sponsored Link

にほんブログ村に参加中!

ブログランキング
にほんブログ村

コメントを残す