自律神経が乱れる原因!20代の無理がたたり女性に多い原因不明の体調不良

女性は生物学的にも情緒豊かで、精神的に落ち込んだり、コミュニケーション不足から心や体への影響も多いです。
原因不明の体調不良になった場合、ストレスからの自律神経への影響が多くあります。

今回はそんな女性の自律神経からくる原因不明の体調不良について調べてみました。

Sponsored Link

加齢からくる自律神経への影響

加齢からくる自律神経への影響

女性は、年齢とともに自律神経が乱れる人も多いです。
女性の体は生理学的に男性よりも丈夫と言われていますが、女性ホルモンの働きが影響していて、体調不良も起こりやすくなります。

初潮、毎月の生理、妊娠・出産、更年期~閉経など、人生の様々な場面で影響を受け、ホルモンバランスが変化し続け複雑になっています。

大脳の視床下部が交感神経と副交感神経の働きを支配する「自律神経」をコントロールしています。

この視床下部のすぐ近くで様々なホルモンを分泌し、逆に視床下部がホルモンの影響を受けることもあり、ホルモンの変化が自律神経の働きにも影響を及ぼします。
ホルモンのバランスが不安定になると、自律神経のバランスも不安定になってしまいます。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、不眠や、イライラ、不安などの症状も出やすくなります。
原因は、ストレスが大きく関係しています。

自律神経の働きと体調不良

自律神経の働きと体調不良

自律神経は、自分と無意識で働く神経で、数多くの神経が、指先や、足先、頭の先まで走っています。

自律神経が乱れると、動機や、冷え、めまい、頭痛、腰痛、肩こり、イライラ、不安、不眠などさまざまな症状が出ます。

交感神経は、昼間に働く神経で、脳が活発に動くことを指示している神経なのに対して、副交感神経は、夜に働き、リラックスした状態の時に優位になる神経です。
このバランスが崩れることで、自律神経が乱れてしまいます。

興奮した時や、怒り、悲しみなど大きなストレスによっても、自律神経が乱れる原因になります。
ストレスが大きく関わってくるので、自律神経を整えることを意識することが大切です。

自律神経の乱れを防ぐには

自律神経の乱れを防ぐには

乱れるのを防ぐためには、呼吸法で、大きく深呼吸をしたり、手の指の両端を親指と、人差し指で、つまむように刺激することで自律神経を整える働きがあります。
手のひらをマッサージしてツボを刺激するのも効果があります。

ストレスによって、乱れるやすくなるので、ストレスを感じた時に、自分に合った緊張のほぐし方法を見つけておくことが大切です。

ツボを押したり、呼吸を整えることで、自律神経の働きを整えることができます。
女性は特に、40代から50代の更年期にかけて、女性ホルモンの減少により、交感神経と副交感神経の働きが乱れるので、適度な運動や、ストレッチを心がけて、ストレスをためないようにすることが大切です。

Sponsored Link

にほんブログ村に参加中!

ブログランキング
にほんブログ村

コメントを残す