摂食障害

概要

患者の極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取などを伴い、それによって患者の健康に様々な問題が引き起こされる。

主に拒食症過食症の総称である。

人間関係の問題などの心理的ストレスに対する耐性不足や、社会適応性の未発達コミュニケーションの不全などが原因とされている。

依存症の一種である。

 

また、リストカットなどの自傷行為を行う患者では高確率で拒食・過食などの摂食障害の合併がみられ、摂食障害患者の59 – 76%に自傷行為、アルコールや薬物の乱用、重篤な爪噛み、抜け毛といった行為がみられ、摂食障害、自傷行為、薬物依存は密接な関係があるとされる。

これらの行為は、衝動性の高いパーソナリティや、自罰・禁欲嗜好のパーソナリティなど、特定のパーソナリティ傾向にのみ限局しない所見である。

なお、摂食障害の患者は強迫的な性格傾向が強いとされる。

拒食症・過食症ともに、嘔吐を伴う患者は例外なく強迫性性格である。

 

症状

症状は、拒食症過食症などのタイプによっても異なり、また同じ拒食症・過食症などでも、患者によって症状は多様である。

 

拒食症では極端な食物制限が中核となる。

食事を食べているところを他人に見られたがらない場合も多い。

その他、体重を減らそうとして運動をするなどの過活動がみられることもある。

 

拒食によって体重低下が進んだ結果、異常な低体重となり、女性の場合は月経が停止する事もある。

この時期でも本人はいたって元気な様子を見せ、病識が無い場合が多い。

 

自分の思う通りにならない自分を、摂食行動において完璧にコントロールし、痩せを維持できることは、万能感・高揚感を与えてくれる体験である。

食事をコントロールし、自らの体を過度にコントロールしようとする心性の背後には慢性的な不安が控えており、摂食障害者は一様に強迫的な性格傾向を有する。

 

摂食行動以外にも、抑うつ症状や気分の変動、リストカットなどの自傷行為・アルコール乱用、社交不安障害強迫性障害などのPTSDパーソナリティ障害による精神症状を合併することも多い。

 

拒食

自分には何の取り柄も無いという自己不信を根底に抱える人は、その抑うつを防衛するために、人とは際立って違う、優れた、特別な自分であり続けなければならない。

彼らは幼い頃から常に「自分が自分以上でなければならない」という強迫観念に支配されている。

痩せを実現するには、食欲を抑え、自分に打ち勝つ必要がある。やせる事に成功した時には、自分をコントロールすることが出来たという万能感が得られる。

幼い頃から課題に挑戦し、自分に打ち勝って結果を得てきた彼らは、結果を出す事で得られる賞賛と万能感により、中核にある自己不信を救済する

 

過食

極端なダイエットは慢性の飢餓状態をつくり、結果的に過食を招く。

過食は拒食のリバウンドである。

彼らは食べたいのではなく、痩せたい人達なのである。

 

しかし痩せていたいのに食べてしまうため、その埋め合わせに嘔吐をし、ときには下剤利尿剤を用いる。

過食はどうでもよいというような自暴自棄の感情や、気分が落ち込んだ時、思う通りにならなかった時、相手から拒否されたり否定されたと感じた時、淋しかったりする時などに生じる。

それまで頑張ってきた体重減少の努力が無駄になったと感じられた時に過食が生じるのである

 

原因

摂食障害の病因についてこれまで様々な仮説が唱えられてきた。 肥満蔑視・やせに価値があるという社会文化的要因、成熟拒否や自己同一性獲得の失敗等の心理的要因、脳機能の異常に原因を求める生物学的要因等である。

しかし現代においてはそれらが相互に複雑に関連し合って発症に至ると考えられている。

 

 icon-check-square-o 社会文化的要因

「痩せ」を賞賛する社会風潮も、摂食障害が増えている一要因である。

 

 icon-check-square-o 心理的要因

  1. との不良な関係、2 – 5歳児期の人格基礎形成期に欲求5段階の安全安心の欲求、愛情や所属の欲求が満たされず、間脳視床下部食欲中枢に障害が起きているという説
  2. 対人関係の恐怖からの代償行動説
  3. 女性性の拒否」による代償行動説
  4. 肥満への恐怖からのダイエット・ハイ説
  5. ストレス説(結婚生活のストレスや複雑人間関係、深いトラウマ含む)
  6. 遺伝

 

 icon-check-square-o 生物学的要因

摂食障害をもつ患者は、脳のセロトニンドーパミン、オピオイド(鎮痛系)に障害があるという研究がある

 

治療

拒食と過食は周期的に繰り返される場合が多く、心療内科医精神科医など医師や心理カウンセラーの心理的なカウンセリングを受けることが有効である。

しかし専門性の高い医師は多くはないのが現状である。

 

拒食や過食の食行動異常が注目されやすいが、たとえ体重が適性値に戻っても、その背景にあるの問題が解決されないと再び摂食障害に陥ってしまうことがある。

 

 

尚、当ページの各項目はWikipediaからの引用になります。

コメントを残す