アルコール依存症

症状

自分の意志で飲酒のコントロールが出来なくなる

アルコール依存症の人も、何とかして適量のアルコールで済ませておこうとか、あるいは今日は飲まずにいようかと考えていることが多い。
アルコールによる誤った判断によってアルコールで確実に得られる目先の快感の方を選択してしまう。

一度飲み始めたら自分の意志では止まらなくなって酩酊するまで飲んでしまう。このような飲酒状態を「強迫的飲酒」という。

少量のアルコールの摂取によって も脳が麻痺してしまい、一滴でも飲み始めたらその後の飲酒の制御がほぼ不可能になるようなアルコール耐性が弱い体質となった状態である。

目が覚めている間、常にアルコールに対する強い渇望感が生じる

強迫的飲酒が進んでくると常にアルコールに酔った状態・体内にアルコールがある状態にならないと気がすまなくなったり、調子が出ないと思うようになったり して、目が覚めている間は飲んではいけない時(勤務中や医者から止められている時など)であろうとずっと飲酒を続けるという「連続飲酒発作」がしばしば起 こることがある。

飲酒で様々なトラブルを起こし後で激しく後悔するも、それを忘れようとまた飲酒を続ける

飲酒量が極端に増えると、やがて自分の体を壊したり(内臓疾患など)、社会的・経済的問題を引き起こしたり、家族とのトラブルを起こしたりするようにな る。

それでさらにストレスを感じたり、激しく後悔したりするものの、その精神的苦痛を和らげようとさらに飲酒を繰り返す。このように自分にとっての損失が 強くなっているにもかかわらず飲酒し続ける行動を「罰への抵抗」と呼ぶ。

離脱症状(退薬・禁断症状)が出る

アルコール摂取を中断した際、様々な症状が生じる。

軽いものであれば、頭痛、不眠、イライラ感、発汗、手指や全身の震え(振戦)、眩暈、吐き気などがあるが、重度になってくると「誰かに狙われている」といった妄想や振戦せん妄、痙攣発作(アルコール誘発性てんかん)なども起こるようになる。幻覚(幻視・幻聴)も頻繁に起こる症状で、小さな虫のようなものが見えたり、いるはずのない人が見えたり、耳鳴りや人の声が聞こえたりと症状は患者によって様々であるが、幻覚を全く経験しない人も多くいる。

急性期の離脱症状を過ぎた後でも、怒りっぽくなったり、抑うつ状態になるなどの情動性の不安定な遷延性退薬徴候とよばれる状態が数か月続くことがある。

合併症

アルコール依存症の患者は、心身に多くの疾患を抱える危険性を持っている。逆に、他の精神疾患がアルコール依存症を誘発することが分かっている。

  1. うつ病
  2. 不安障害
  3. 双極性感情障害
  4. 統合失調症
  5. ウェルニッケ‐コルサコフ症候群
  6. アルコール幻覚症
  7. アルコール性妄想状態
  8. ニコチン酸欠乏脳症(ペラグラ)
  9. 小脳変性症
  10. アルコール性痴呆
  11. アルコール性多発神経炎(末梢神経炎)
  12. アルコール性脂肪肝
  13. アルコール性肝炎
  14. アルコール性肝硬変
  15. アルコール性胃炎
  16. アルコール性膵炎
  17. 急性膵炎
  18. 慢性膵炎
  19. 食道静脈瘤
  20. アルコール性心筋症
  21. マロリー・ワイス症候群

形成と特徴

通常は飲酒行動を、主にアルコールによって得られる肉体的・精神的変容に求めることが多いが、初めのころは毎日飲むわけではなく、何かの機会に時々飲むだけという機会飲酒から始まる。
次第に飲酒量が増えていくことになる(耐性の形成)。つまり、アルコール依存症になることはこの「習慣性飲酒」と深い関係があるということになる。

一見すると本人が自分の判断で好んで飲酒しているようにみえ、患者自身も好きで飲酒していると錯誤している場合が多い。そのため、患者にアルコール依存症のことを告げると「自分は違う」などと激しく拒絶をされることも多々あり、否認の病気とも言われている。

また、アルコール依存症の形成を助長するものとして、アルコール依存症になる人の周囲には、酒代になりうる小遣いを提供したり、過度の飲酒で生じる社会的 な数々の不始末(他人に迷惑をかける、物品を壊す、等)に対して本人になり代わり謝罪したり、飲酒している本人の尻ぬぐいをする家族など(イネーブラー(enabler)と呼ばれる)が存在することが多い。

アルコール依存症者の配偶者などには、アルコール依存症者に必要とされることを必要とする共依存(co-dependency)の状態に陥っている人もいる。

治療

アルコール依存症の治療でまず肝心なことは「本人の認識」である。多くのケースでは依存を認めてしまうと飲酒ができなくなるため、患者は自分がアルコール 依存症であることを認めたがらない。

何よりもまず、本人に疾患の自覚と治療の意志を持たせることが大切であり、回復への第一歩となる。

 

アルコール依存症の人の過剰な飲酒は、意志が弱いから・道徳感が低いからと言われたり、不幸な心理的・社会的問題が原因であると考えられがちだが実際はそ うではなく、多くの場合この病気の結果であることが多い。

つまり、アルコールによって病的な変化が身体や精神に生じ、そのために過剰な飲酒行動が起こると いうことである。このことをまず本人や周囲の者が理解し、認めることが、この病気から回復する上での欠かせない第一歩となる。

 

尚、当ページの各項目はWikipediaからの引用になります。

コメントを残す